塩と高血圧

日本人は世界各国と比べても塩分摂取量がかなり多いといわれています。そして塩分とつながりの濃い生活習慣病が「高血圧」です。塩がどれだけ人間にとって重要なのでしょうか?

塩がなぜ血圧をあげる?

高血圧の薬はネットで買えます
↑治療薬はネットで安く購入しましょう

高血圧の方の改善や予防で、よく言われるのが塩分を控えめにした食事を目指すようにすることですが、果たしてどれくらいの方が、塩がどうして血圧を上げるかを把握しているでしょうか。
塩は人間に必要なミネラルの1つですが、それを過剰に摂り過ぎることで高血圧になると言われています。

考えられる理由として、まず、体内の浸透圧です。
塩分が多いものを食べるとそれだけ喉が渇いてしまい水が欲しくてたまらなくなります。
この現象は、体内の浸透圧を一定に保とうと、体が自然に水分を欲するのです。
普通、人間の身体における体液は塩分の割合が決まっているのですが、それを超える塩分を摂取してしまうと、その濃度を薄めようとするために、水分が欲しくなってしまうのです。
余分な塩分を摂ればそれだけ水分も摂りたくなってしまうので、体液が増えてしまうために心臓や血管には一定の容量が限られているのに、その中の血液が増え過ぎてしまうので血管を圧迫してしまうので、血圧も上がってしまうのです。

次に、塩分の中のナトリウムと交感神経との関連性もあります。
ナトリウムは、血管を収縮させる働きをするので、交感神経を緊張させるようになります。
ですから、過剰なナトリウムを摂取すれば、血管を縮める働きそのものが活発になります。
そのために、血圧も上昇して、常に血管にストレスがかかり続けてしまうので高血圧を増悪させてしまうのです。

そして、血管に入ってしまうナトリウムの関連性もあります。
摂りすぎた分は、血管の壁の細胞の中に直接入り込んでしまうので、それだけ血圧が高くなっている人の血管というのはもろくなりますので傷がつきやすくなってしまうので、さらに、ナトリウムも入り込みやすくなる悪循環になります。
血管の壁は、筋肉から出来ていますが、ナトリウムは、筋肉を収縮させる働きもあるので血管に侵入すると、血管は収縮してしまい血圧は上がってしまうのです。

それから、汗をかくことが少なくなった現代の事情も関連しています。
尿や汗によって余分なナトリウムを体外に出すことで、調節する仕組みを持っているのですが、現代では、労働でそれほどたくさんの汗をかく人が少なくなっています。
職場環境が改善されて快適な温度や湿度を維持できていることも一因です。
そのために、汗による塩分調節はできなくなってるので、排出されることなく過剰になってしまうので、高血圧の原因となってしまいます。

塩が血圧を上げてしまうメカニズムが、これらの原因でも悪化して行くと考えられています。

■本態性高血圧症や腎性高血圧症などの治療に
ミニプレス